住宅ローンを組むなら

自営業の人が住宅ローンを組むというのは、通常の会社員などに比べるとかなり難しいと言われています。自営業の人は年収があったとしても、やはりいつ不安定な経営状況になるかわからないということもあり、銀行なども、会社員などの会社に勤めている人に比べると、かなり審査も厳しくなっています。

自営業の人が借り入れられる住宅ローンの総額としては、年収の3倍から5倍くらいが限度といわれていますから、たとえば年収が600万円の人の場合には1800万円から多くても3000万円位しか借入をすることができません。また自営業の事業に対する借入なども審査に大きく響いてきますから、審査に通らないこともよくあると言われています。

自営業の住宅ローンでお勧めの会社としては、GE Money住宅ローンがいいと評判です。住宅ローンの審査に断られたという人も、自営業者向けの住宅ローンであるGE Moneyでなら審査が甘めとして知られています。日本の会社では自営業の人が住宅ローンを組むのはかなり審査が厳しいですが、グローバルな会社でなら、自営業の住宅ローンの審査も通りやすいのです。

返済能力があっても自営業と聞くだけで日本の銀行は住宅ローンを組めないということはよくありますが、GE Moneyの場合には返済能力も考慮したうえで審査をしてくれるという特徴がありますから、日本のように自営業だからと頭から断られることがないので、一度申請をしてみるといいと思います。自営業向けの住宅ローンになっています。