住宅ローンの保証人など

住宅ローンの保証人については、必ず立てなければいけないことになっています。しかし本人が住宅ローンの返済をすることができなくなった場合には、その肩代わりを保証人がしなければいけないことになるとかなり厳しい状況の保証人がなるために、住宅ローンの保証人になりたいと思う人はいないでしょう。そのため、住宅ローンの保証人は、連帯保証人を個人で立てるのではなくて、その代りに保障会社に連帯保証を依頼するということになっています。

金融機関によって、保証会社の種類やどこになるのかということなどは違ってきますが、民間の金融機関から借りた場合の住宅ローンの保証人については、それぞれの金融機関から紹介された保証会社を利用することになっています。

保証会社では、住宅ローンを借りる人から保証料を支払ってもらうことで連帯保証人を引き受けます。保証会社に支払う保証料も、保証会社によって違ってきますが、金融機関が紹介する保証会社はだいたい相場は決まっています。

この住宅ローンの保証人になってもらう保証会社への保証料の支払いは、住宅ローンを借り入れるときに一括で支払うのが一般的ですが、一括で支払うのか、毎月支払っていくのか選べるところもあるといわれています。

通常は保証会社の保証料は35年住宅ローンを組んだ場合には20万円前後の値段となっているところが多く、住宅ローンの返済期間に合わせて保証会社の保証料も変わりますし、借入額によっても変わってきます。

Be the first to comment on "住宅ローンの保証人など"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*