住宅ローンの控除

住宅ローンの控除について説明したいと思います。住宅ローンの控除とは、住宅ローンを組んで、家を購入すると所得税の一部が控除されるという仕組みです。この仕組みに適応される人というのは、2008年の12月末までに購入した人が対象に安っているのでそれ以降の人は対象外といわれていましたが、制度の内容をさらに拡大して2009年度以降も住宅ローン控除については継続するという話も出ています。
住宅ローン控除を計算する方法ですが、所得税からそれぞれの都市の住宅ローンの年末残高の一定の割合が控除されますから住宅ローンの残高に控除率を掛けた額が1年間の控除額ということになります。条件があるのですが、その条件をクリアしていれば控除期間の間は毎年控除が受けられるというシステムです。
今国会で住宅ローン控除について提案されて検討されているものとしては2009年度中に購入した場合の控除額については1年間で上限50万円として住宅ローンの年末残高の限度額は5000万円ということになっています。
住宅ローンの控除の適応になるには色々と条件をクリアしなければいけませんからまずはクリアしているかどうかを確かめてみましょう。そして申告をする場合には確定申告をしなければいけませんが、会社員の場合には初年度のみ確定申告で2年目からは、勤務している先の年末調整で控除が受けられるので確定申告はしなくてもいいことになっています。