住宅ローンと金利

住宅ローンをこれから組むという場合には金利が大きく返済総額にかかわってきます。住宅ローンの金利には二つの種類があるのですが、固定金利と変動金利、そして固定金利選択型という3つのタイプに分けることができます。この三つのタイプはそれぞれが条件が違っているので一言では言い切れないのですが高金利の時に住宅ローンを組むという場合には金利が変動するタイプの変動金利を選ぶといいと言われていますし、低金利の時に住宅ローンを組むという場合には金利が一定で変わらない固定金利型を組んでいた方がいいと言われています。

住宅ローンの固定金利型は、返済が終わるまで金利が一切変わらないという金利のタイプです。途中で金利が上がるという段階金利もありますが、金利が低い時に住宅ローンを組めば低いまま返済終了までずっとこの金利で借り続けることができるというメリットがあります。

そして変動金利型の場合には金融や経済情勢によって金利が大きく変わっていきます。適用される金利は1年に2回見直されることが一般的で、金利が上がっても5年間は一定の返済額で変わることがないのですが元金の減り具合が少なくなるということになります。見直されて金利が上がったときの増額も、前に返済していた額の1.25倍を上限に設定されます。

そして住宅ローンの固定金利選択型は、1年、2年5年7年といったように一定の決められた期間は固定金利になっているのですが、その後終了した後は固定金利選択型や変動金利型を選ぶことになります。