住宅ローンの変動金利

住宅ローンには固定金利と変動金利という二つのタイプの金利があります。変動金利とは、金融経済の状況によって返済の最中でも定期的に、金利が変わるという住宅ローンのことをいいます。住宅ローンの変動金利は、原則的には半年に一回見直されることによってプライムレートが変更されるごとに適応される金利が変わってきますから、金利が上がったり下がったりしますのでその都度住宅ローンの返済額が変わります。
ですから、住宅ローンの金利が高い時に借りた場合には、将来金利が下がれば返済額が下がることになるのですが、金利が低い時に住宅ローンをスタートさせた場合には、初来金利が上がった場合には、住宅ローンを借り入れた時に比べると返済額が増えることになります。
住宅ローンの変動金利にも、それぞれ種類があり変動金利は年に2回金利の見直しがあるのですが5年は返済額は固定されるという金融機関が一般的です。そして上限金利特約付きの変動金利というものもあります。これは上限金利が決められていますから、上限金利以上は金利が上がるということはありませんから安心です。
住宅ローンを組む際に変動金利にすることのメリットとしては、将来金利が下がった場合には、返済総額が減ることになります。しかしデメリットとしては、将来金利が上がったときには返済する総額が増えるというようなデメリットがあります。
住宅ローンの変動金利が向いているという人は、市場の動きをよくしかいしている人や、借入金額がそれほど多くない人、短期間での返済が可能な人に向いています。