住宅ローンの連帯保証人

住宅ローンの連帯保証人というのは、住宅ローンを借りる人と連帯をして住宅ローンの債務を負っていくという保証のことをいいます。連帯保証債務を負う人のことを住宅ローンの連帯保証人と呼んでいます。一般的に、住宅ローンをこれから組むという場合には、住宅ローンの返済が本人が怠ってしまった場合に、連帯保証人が同じ用に返済をしなければいけないことになるのですが、それは普通のローンに比べると住宅ローンですからかなり金額が高く、責任が重いことから連帯保証人になりたいと思う人はいません。
ですから住宅ローンの場青の連帯保証人は保証会社が連帯保証人なるのが一般的です。保証会社によっても保証料などは変わってきますし、融資の金額によっても違っています。万が一住宅ローンの返済ができなくなった場合には金融機関は住宅ローンを借りている人に返済を求めないで、保証会社に返済を求めて弁済をうけることができるというものです。住宅ローンを借りていた人はこれで返済をしなくてもよくなったというのではなくて、今度は保証会社返済をしていくことになるので住宅ローンを返済しなくてもいいことになったというわけではありません。
住宅ローンを組む場合には、連帯保証人を信用保証会社に依頼するのか、それとも連帯保証人を立てて連帯債務となるのか二通りの方法がありますが、多くの場合が保証会社に保証料を支払うというケースの方が多いと言われています。