住宅ローンの本審査

住宅ローンの本審査というのは、住宅ローンを借りられるかどうか、仮審査の後に行われる信用保証会社により審査のことをいいます。この崔に一番厳しくチェックされる点というのは、他社での借入の有無といわれています。他社での借り入れの有無というのは、ショッピングで使ったクレジットカードでの支払いも、車のローンも、消費者金融のキャッシングなども、すべて含まれて情報機関で管理されていることを表しています。この情報機関では5年間はデータが残りますから、5年間さかのぼって、クレジットカードや何らかの金融トラブルや事故を起こしている場合には、5年間は住宅ローンの本審査に通らないというケースもあるので十分に注意しましょう。
住宅ローンの審査に通らないと困るということから、他社からの借入があるのにないと申告している人もいるといわれていますが、そんなことをしても、本審査の際に情報機関へは必ずデータの照合は行われますからすぐに分かってしまいますので、偽装しないようにしましょう。普通のクレジットカードの一括払いなどが審査に関わることというのはないのですが、マイカーローンやリボ払いにしているようなローンの場合には本審査に影響を与えますので、住宅ローンの本審査を受ける前に、すべてできれば完済しておくというのが一番望ましいでしょう。
この他にも住宅ローンの本審査では年収、年齢、勤務先と勤続年数、資産の状況、社会保険の加入履歴なども調べられます。