住宅ローンの仮審査

住宅ローンを通す場合には本審査の前に仮審査があります。この仮審査というのは、事前審査とは何が違っているのかというと、仮審査は裕太クローンを貸してくれるそれぞれの金融機関の中で行われる審査のことを言います。住宅ローン審査基準というのは、金融機関の審査のことを言うわけです。ここで確認されることは申し込みをする人の年齢や年収、他の金融機関での借り入れの有無や、返済していけるのかどうかなどの能力を確認されます。

この住宅ローンの仮審査の段階で、だいたい信用保証会社に打診もされます。信用保証会社は、住宅ローンを借り入れるときに、借入金に対しての保障をする会社で、保証人になってくれる会社のことです。仮審査は、融資をしてくれる金融機関が独自で行っているもので、本審査の方は、融資を保証することになっている信用保証会社が行う審査のことをいいます。
住宅ローンの仮審査に通れば、本審査もほとんどの場合が通るといわれているのですが、場合によっては仮審査が通っても本審査が通らないという人もいます。たとえば仮審査に嘘を書いたとか、借りる人が転職した、失業したなどお金に関わる動きなどがあった場合には、本審査に影響を与えることになります。仮審査に通った後にこうした変化があった場合にはもう一度仮審査を受けることになり、そのうえで本審査を受けて住宅ローンが借りられるかどうかが決まるという流れになっていますから注意しておきましょう。

Be the first to comment on "住宅ローンの仮審査"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*